eスポーツに関する仕事・職業

eスポーツに関する仕事・職業
2019年8月23日

eスポーツに関連する仕事は多岐にわたり、今後も増え続けると予想されます。
現在のeスポーツに関連した仕事をまとめました。

プロゲーマー(eスポーツ選手)

プロゲーマー(eスポーツ選手)の収入源は複数あります。

大会賞金
賞金の金額は世界レベルでは20億円を超える大会もありますが、他のスポーツと同じように、その金額は様々。実際のところ、賞金だけで生活しているプロゲーマーはほぼいません。

■チームに所属
チームに所属している選手だとチームから固定給が支払われます。
プロゲーマーの多くはチームに所属していることが多くなっています。
関連記事: プロeスポーツチーム一覧

■スポンサー収入
スポンサー企業から支援を受け、企業や製品の宣伝をするという仕事もあります。
プロゲーマーの場合、主にゲーム関連機器の企業スポンサーがつきます。

■ストリーマー(動画配信)
YouTubeやTwitchなどでプレイ動画を配信して収入を得る方法もあります。
視聴者数や視聴時間によって配信サービス元から広告料を得ることができます。

他にも、ゲーム実況・解説としての出演料や、取材や執筆などからの収入などを得ることもできます。

コーチ・マネジャー・メンター

プロゲーマーを直接サポートする仕事もいろいろとあります。

eスポーツの歴史がまだ浅いため、現役から引退している選手が少なく、プロゲーマーの指導をするコーチは不足しています。今は現役の選手が兼任している場合も多いようです。

有名なプロゲーマーや大きなプロゲームチームにはマネジャーがいます。
ゲーミングハウス(プロゲーマーを目指すためのシェアハウス)のあるプロチームの場合、マネジャーの仕事は体調管理から広報担当まで幅広く携わります。

選手の精神面などのサポートをするメンターもこれから必要とされる仕事です。

大会・イベント運営者

eスポーツの大会やイベントを企画・演出・運営する仕事です。
企画、広告、会場設営、イベント進行、放映、実況、解説、販売など多数の職種があります。

メディア関係者

eスポーツの取材、プロゲーマーへのインタビューなどを文章にして伝える記者ライターもeスポーツを専門とする人が増えてきました。今後さらにeスポーツの知識を持った人材が求められてくると予想されます。

新しい仕事が増えていくeスポーツ業界

他にも、今後のeスポーツの発展に伴い、未知の仕事が増えると思われます。
eスポーツ市場は確かに拡大しています。